ペダルを漕げば想いのまま

自転車じて吉の店長じてきちの日記です

豚テキを食べに走る

2017-11-02-1.jpg

2017-11-02-2.jpg

2017-11-02-3.jpg

2017-11-02-4.jpg
昨日の定休日はお客様6名とグルメライドしてきました。目的地は茨城県笠間の「彩美亭」、ローズポークというブランドの茨城産豚肉のステーキが評判のお店です。お客様Iさんが企画してくれたツーリングです。
八千代から全部自走すると距離220km、途中に筑波連峰超えが待ち受けている上級者コースです。参加者7名のうち全部自走したツワモノは2名だけ。私は牛久阿見からスタート(距離140km)、他4名は筑波山麓からスタート(距離90km)。
牛久大仏を見上げながら朝6時に走行開始、ちょっと寒い。霞ヶ浦湖畔の辺りで身体が温まる。筑波りんりんロードと不動峠を走るのは私は9年ぶり、懐かしい。数週間続いた雨で身体がナマっており、風返し峠は辛い… しかし素晴らしい展望が楽しめます。笠間市に入ったら柿農家に寄って、昼食前に柿をちょっと摘まむ。
彩美亭には開店前に到着。人気店でアッという間に行列です。豚テキを待つこと30分、これが豚ロース400gのステーキです。外はパリッと、中はしっかり火が通っていますが柔らかく美味しい。ご馳走様でした。
帰りは乗越峠・団子石峠・湯袋峠を超えて筑波連山を抜けます。これもキツかった… 何せ身体に400gのお肉が追加されているので… 真壁でオヤツを食べて、綺麗な夕日と筑波山を眺めながらりんりんロードをのんびり走り、大池で4人とお別れ。私は18時半頃に牛久阿見に到着。自力で帰る2人を見送ります。
久し振りのロングライドを堪能しました。辛くて美味しくて楽しくて感動。そんな休日でした。
スポンサーサイト

PageTop