ペダルを漕げば想いのまま

自転車じて吉の店長じてきちの日記です

ピレリのタイヤ

2017-10-17.jpg
タイヤの新製品を紹介します。Pirelliの「P-Zero」です。
ピレリはイタリアのタイヤメーカーで、クルマやモーターサイクルの世界では御馴染ですが、今回新たに自転車用タイヤを作ったことで話題になっていました。"Pゼロ"のブランド名もクルマ好きの方なら御存知でしょう。自動車用タイヤのトップグレードと同じ名前でロードバイク用タイヤを作ってきました。
ラインナップは3種類、オールラウンドな「Pゼロ」、軽量重視の「PゼロTT」、耐久性重視の「Pゼロ4S」、いずれもクリンチャーです。今回、お店に入荷したのはノーマル「Pゼロ」の23cと25c、「Pゼロ4S」の25cです。「Pゼロ4S」の23cの入荷はもう少し先になりそうです。
お値段はノーマル「Pゼロ」が\6,700、「Pゼロ4S」が\7,480です。ミシュランの「Power」が\7,390、コンチネンタルの「グランプリ4000SⅡ」が\6,420ですから、輸入ライバル品とは良い勝負。ブリヂストンやパナレーサーなどの国内ブランドタイヤよりは、まだかなり高めです。
私は「Pゼロ4S」の25cを使ってみます。ミシュランのようなグリップと乗り心地重視のタイヤなのか?コンチネンタルのような転がりの軽さ重視のタイヤなのか?どっちもイケる万能タイヤなのか?数百キロほど走ってからレポートしたいと思います。
スポンサーサイト

PageTop