ペダルを漕げば想いのまま

自転車じて吉の店長じてきちの日記です

大きく軽く(その2)

2017-09-25-1.jpg

2017-09-25-2.jpg
お客様Nさんの「Specialized/Roubaix Comp」です。先月にお買い上げ頂いたばかりですが、もう大幅な改造に着手しました。狙いは前回の日記で紹介したAさんのRoubaixと同様「ギア比を低くして登り坂を楽に」です。
リアスプロケットをMTB用の巨大な歯「11-40T」に変更。しかしこれだとキャパシティを超えてしまうため、フロントギアは逆に小さく「46-34T」に変更。また、インナー・ローに入れたときリアディレーラーがローギアに干渉してしまうのを裏技を使って回避。これで超ローギアードなロードバイクの完成です!
シマノもスペシャライズドも推奨していないパーツ構成ですが、動作に問題ありません。どのギアに入れてもきっちり動きます。何で言い切れるのかって? 私も全く同じ仕様のルーベに半年間 乗っているからです。このバイクに乗り始めてから登り坂への考え方が変わりました。サイクリングのルートを考えるとき「う~ん、この登り坂はキツそうだな… だけどルーベなら何とか登れるだろ」と楽観的になりました。実際、インナー・ローに入れると登り坂でも平地を走ってるみたいです。
しかし! 得られるものばかりではありません。失うものもあります。インナー・ローに入れると登坂速度は超絶遅いです。また平地巡航時のギア選択は狭まります。
闇雲にギア比を低くすればラクになる訳ではなく、自分の脚力と走るフィールドに応じて最適なギアを選ぶのが大事です。スプロケを換えるだけのお手軽カスタムから、Nさんのバイクのような特殊カスタムまで御相談に応じますので、是非バイクをお持ちください。
スポンサーサイト

PageTop