ペダルを漕げば想いのまま

自転車じて吉の店長じてきちの日記です

緊急オーバーホール

2017-09-11-1.jpg

2017-09-11-2.jpg
これも一昨日の日記で紹介したのと同じ、第五世代の「S-Works Tarmac」。2年近く前に御購入いただき、今回はオーバーホールでお預かりしました。
オーナーはMさん、当店では少数派の常時チューブラータイヤ使いです。このターマックのフレームにしてから走行距離が飛躍的に伸びたそうで、通勤・ロングツーリング・ヒルクライム etc. どこでもこのターマックで行きます。
たくさん走るのは良いことですが、今回は急遽 修理が必要になったものでした。2年近く一度もチェーンを交換しなかったため、ダランダランに伸びたチェーンがフロントギアの歯も削って、まともに走れなくなってしまったのです。写真下がBefore-Afterの図。上が新品のチェーンリング、富士山型の歯がきれいに並んでいますね。下が使い込んだチェーンリング、ここまで擦り減ると変速性能もパワー伝達効率も悪いです。
アルテグラのクランクともなるとアウターギアだけでも高価いです(約1.2万円)。小まめにチェーンを交換するよりも高くつきます。チェーンは徐々に伸びてゆくので消耗度が分かり難く、Mさんのような上級者でも使用限度に気付かない場合が多いです。チェーン交換は走行距離5,000kmを目安に行うことをお勧めします。
このターマック、今回のチェーントラブルを機にフルオーバーホールしてリフレッシュしました。また暫くのあいだは快適に走れます。消耗品に気を使いながら、これからもたくさん走ってください。
スポンサーサイト

PageTop