ペダルを漕げば想いのまま

自転車じて吉の店長じてきちの日記です

朝日を拝みに走る

2017-07-19-1.jpg

2017-07-19-2.jpg
今週の日曜日の深夜、クルマに実業団レーサー4人を乗せて福島県のレース会場へ行く道すがら「この時間に自転車で走ったら涼しくて気持ち良いなぁ」と考えていました。常磐道のいわき付近で朝日が昇るのを見ながら「"日の出を見に走る"なんてのは面白そうだなぁ」と考えていました。
…というわけで今朝はさっそく「朝日を拝みに走る」をやってきました!
ここ八千代から一番近い太平洋岸は九十九里の片貝海岸、片道45kmほど。日曜日は5時前に朝日が見えたので「3時にスタートすれば日の出に間に合う」と判断しました。ちょっとギリギリくらいにスタートして一生懸命走ろう、と考えたのです。
今日はスマホのナビを見ながら走るつもりでしたが、何だかスマホのGPSが調子悪くて役に立たず、記憶を頼りに適当な道で走りました。しかし真夜中なのでクルマが少なく幹線道路も快適に走れます。吉岡や更科のあたりは真っ暗で怖いくらい。不気味で楽しい。それに涼しい。しかし徐々に東の空が白んできました。ヤバイ! 日が昇っちゃう! 東金の街を抜けてからはTTモードで飛ばしました。
4:45に片貝海岸に到着。しかしお日さまは既に顔を出していました。残念、あと一歩、間に合わなかった。だけど楽しい納涼サイクリングだった。また挑戦しよう。
日の出に間に合うギリギリの時間にスタートする「ギリギリ朝日ライド」楽しいですよ。涼しいし、クルマが少なくて走り易いし、日焼けしないし、朝日を拝めます。皆さんもやってみてください。
スポンサーサイト

PageTop