ペダルを漕げば想いのまま

自転車じて吉の店長じてきちの日記です

積極的に売りました

2017-07-02.jpg
常連の皆さんによると私のセールストークは「押しが足りない」らしいです。自転車を買いに来てくれた新規のお客様に対しての販売意欲が弱いそうです。それどころか、御成約後に親しくなったお客様には「売りたくないのかと思った」「売る気が無いんだと思った」「嫌われてるのかと思った」などと後から言われたことも多いです。確かに「買え買え」攻撃はあんまりしないなぁ… 自分がやられると嫌だからね…
そんなじて吉ですが、お客様に対して積極的に売り込むことだってあるんです。今日紹介するお客様Aさんにも「もう一台買いましょう!」と盛んに勧めて、写真の「Anchor/RL6」を御成約頂きました。毎度ありがとうございます。
Aさんは超ヘビーユーザーです。2年半前に御購入くださったフルーカーボンのロードバイクをたいそう気に入って下さり、毎日ハンパない距離を走っています。しかしバイク1台だけだと車両に掛かる負担が大きく、整備で預かる時間も取りにくいので「気軽に使えるセカンドバイクを買いましょう!」と積極的に勧めたのです。
このRL6はコンフォート系ロードバイクです。Aさんのメインバイク(フルカーボンのレーシング系バイク)とは乗り味も乗車ポジションもかなり異なり、2台を使い分けて楽しめると思います。アルミフレームなので輪行やバイクパッキングも気軽に出来ます。Aさんは「今年の夏はこれで福島の実家に帰省する」と仰り、自転車と一緒に大型シートパックも御購入くださりました。お盆休みが楽しみですね。
スポンサーサイト

PageTop