ペダルを漕げば想いのまま

自転車じて吉の店長じてきちの日記です

グラベルロードの先駆け

2017-05-30.jpg
久し振りにSURLYのバイクを組みました。お得意様Nさんの「CrossCheck」、クロモリのシクロクロスバイクです。当店ではサーリーのフレームはお取り寄せできないので、今回はNさんに別のお店で買ってきてもらいました。
ここ最近、私の日記に頻繁に出てくる「グラベルロード」というジャンル、サーリーはもうずっと前からやってます。この「クロスチェック」もシクロクロスのレースで使う人よりもロングツーリングで使う人のほうが多いでしょう。太くてゴツいタイヤが履けるようにクリアランスが大きくとられ、思い通りのキャリアが固定できるようにたくさんダボ穴が開けられたフレームは「自転車で旅に出ろ。遠くへ行け」と言わんばかりです。重くて硬いのなんか気にせず、大らかな気持ちでのんびりゆっくり走るバイクです。
Nさんの手持ちのパーツで組みました。ギアをもっとワイドレシオにして険しい山道を登れるようにしたいところですね。セミドロップタイプのハンドルと、年季の入ったロールスのサドルが良い味を出してます。このフレームも乗れば乗るほど味が出てくるでしょう。ロングツーリングを楽しんでください。

スポンサーサイト

PageTop

初代フェニックス

2017-05-27.jpg
Ridleyの「Fenix」をフレームでお買い上げ頂きました。毎度ありがとうございます。
このフェニックスは旧型です。フェニックスは昨年にモデルチェンジして「Fenix SL」となったのですが、初代フェニックスも未だに根強い人気があり今年は復刻版が販売されるほどでした。今回お買い上げ頂いたフェニックスのオーナーSさんも、現行モデルの丸みを帯びたフォルムよりもシャープで直線的なデザインの旧モデルをお探しでした。Sさんはこれが初めてのロードバイク。最初の1台は見た目が気に入ったバイクに乗るのが良いです!
コンポはシマノの"105"、ホイールはカンパのシロッコ、ハンドル・ステム・シートポストはDedaで組みました。細かいパーツの配色がフレームの「ロット・ベリソル」レプリカカラーとうまくマッチしています。写真のペダル無しの状態で実測車重8.1kgでした。
このセミオーダーメイドで組んだカーボンバイク、総予算は28.5万円です。リーズナブルな点も初代フェニックスの魅力です。
梅雨に入る前にたくさん走っておいてください!

PageTop

下見 in 大菩薩峠

2017-05-25-1.jpg

2017-05-25-2.jpg

2017-05-25-3.jpg
昨日の定休日はMTBイベントの候補コースを下見してきました。山梨県の霊峰「大菩薩嶺」を登ってきました。
甲斐大和を起点に大菩薩峠を登り、牛ノ寝通り~大マテイ山~松姫峠を抜けて大月に下り、最後に笹子峠を越えて起点に戻るルートです。お天気が微妙でしたが強行してしまいました。
結論から言うと、このルートも当店のサイクリングイベントには使えないですね… 道が険しすぎるのです。
まず大菩薩峠への登り舗装路。距離20km、高低差1000m以上の超級ヒルクライムです。これはキツかった。グラベルロードならいざ知らず、MTBメンバーにこれを登らせるのは酷です。頑張って登ったけど峠のピークはガスってて展望ゼロでした…
そしてダート区間。ほぼ全てハイキングコースです。険しい登山道で乗車率は低いです。登りは殆んど担いで進みました。グラベルロードならいざ知らず、MTBメンバーにずっと担がせるのは酷です。しかも道が見えない! GPSマップが無ければヤバかった… 微かに残る"道のような跡"とGPSを頼りに先に進みました。
下っている途中で雨が振りだした為、大月からは輪行で起点に戻りました。
という訳で「プチ冒険」を楽しんできた定休日でした。MTBメンバーの中には「押し担ぎ 上等! 登山道大好き」という変態メンバーもいるけど、この道にお客様は連れていけないなぁ… 新コース開拓、なかなか進まないな…

PageTop

グラベルロードでグラベル走る

2017-05-23-1.jpg

2017-05-23-2.jpg
日曜日のMTBイベントで私はスペシャライズドのロードバイク「ルーベ」で走りました。シクロクロスタイヤを履かせ、ギア比を超ワイドレシオに変更したグラベル仕様のルーベです。このルーベ、近所の砂利道は何度も走りましたが林道を走るのは初めてです。山岳ロングダートで通用するでしょうか?
まず登り。大名栗林道はダートが始まるまで約10kmの舗装の坂道を登ります。このアプローチ、MTBで登るとキツいんですが、ルーベは楽々でした。軽い車体と低いギア比で余裕で登ります。
ダートに入るといきなりパンクしました。サイドカットです。軽量シクロクロスタイヤで低圧で砂利道を走ることのリスクを再認識しました。
大名栗林道のダート区間は緩いアップダウンの連続ですが、これが意外と難しい。グリップ感が希薄な細いタイヤ、登りではトラクションをかけ難く、下りコーナーでは怖くて車体を寝かせられない。早々にパンクしたので尖った石も怖い。今までMTBの高性能サスペンションとファットタイヤにどれだけ助けられていたのかを思い知りました。
ガレたところや長い下りをロードバイクの前傾ポジションで駆け下りるのもキツかったです。ビビりなじて吉は、ダートの下りは後ろ荷重が良いんです。強力なディスクブレーキとフューチャーショック(フロントサスペンション)が私のヘタクソを補ってくれました。
ダート区間も終盤、ここで2度目のパンク。またもサイドカットです。パンク1回分のスペアチューブとボンベしか装備していなかった私は、お客様にチューブとポンプをお借りしました。恥ずかしい…
グラベルロードは舗装路の平坦区間と登り区間は有利だが、ダートの下りではコントロールが難しく、パンクリスクが伴う、というのは走る前から分かっていましたが、ここまでハッキリと長所・短所が現れるとは思いませんでした。しかし林道は楽しい! タイヤを選び直して、もういちどダートに挑戦してみます。

PageTop

今月のイベント

2017-05-22-1.jpg

2017-05-22-2.jpg

2017-05-22-3.jpg
昨日の日曜日はMTBイベント「大名栗林道」を実施しました。9名で埼玉の山奥を走ってきました。
「名栗」でのMTBイベントは6年ぶり、私個人としては1年半ぶりです。久し振りに走った大名栗林道、やっぱり良い道でした。少しずつ舗装化が進んでいますがまだまだロングダートを満喫できます。昨日は快晴に恵まれたこともあり、たっぷりと絶景を楽しめました。
MTBで山に行って私が楽しむのは景色だけではありません。森の香りです。山によって、季節によって、匂いが違うのです。静かな森の中で陽の光を浴びながら空気をいっぱい吸って自転車で走ると、日常生活で心に刺さっていた棘がプツプツと抜けてゆくのを感じます。天然のアロマテラピーです。
参加者9名のうち、MTBが5名、グラベルロードが4名です。いつもロードバイクイベントに参加してくれるWさんは、今回はグラベルロードで来てくれました。「グラベルロード」という新しいジャンルが一般的になってきたことで、当店のMTBイベントにも新メンバーが増えました。私も昨日はスペシャライズドのロードバイク「ルーベ」で走りました。これについては明日の日記で詳しく書きます。
MTBイベントは来月もやります! 群馬県の皇海山の「栗原川林道」です。ふるって御参加ください。

PageTop