FC2ブログ

ペダルを漕げば想いのまま

自転車じて吉の店長じてきちの日記です

アーバン系ロードバイク

2018-11-11.jpg
FUJIの「Ballad Ω」をお買い上げ頂きました。毎度ありがとうございます。
「バラッド」シリーズはFUJIの得意なアーバン系・ストリート系のバイクです。クロモリフレーム、クロームメッキ、ノーマルステム、シャローハンドル、レザー調のバーテープなどでトラッドな雰囲気を演出しています。速さ・軽さよりも雰囲気重視。同じロードバイクでも、昨日の日記で紹介した「S-Works Venge」の対局にあるようなバイクです。
クラシカルなデザインのバイクですが、オーナーのMさんは若いお客様です。このような伝統的なデザイン手法のロードバイクは年配の方の懐古を誘うだけでなく、若い方の琴線を揺らすものも持っているのでしょう。確かに、今どきのフルカーボンロードバイクを見慣れた目で見るとこのクロモリロードは新鮮に映ります。価格も手頃なので若い方にも買いやすいと思います。
気張らずマイペースで走って、このお洒落なロードバイクを楽しんでください。

スポンサーサイト

PageTop

完全内蔵 保留

2018-11-10-1.jpg

2018-11-10-2.jpg
「S-Works Venge」をフレームでお買い上げ頂きました。当店で新型ヴェンジが売れたのは今回が初めてです。
オーナーのSさん、本当は完成車ヴェンジのほうが欲しかったのですが、これは予約待ち状態で納期が来年4月頃の予定。定価135万円もする完成車ですが売れ行き好調なようですね。早く乗りたいSさんはフレーム買いして下さいました。
SさんのヴェンジはDi2アルテグラのコンポ、Roval/CL50のホイール、Powerサドルで組みました。しかしこのヴェンジはまだ仮の状態。Sさん御希望のハンドルバー「AeroflyⅡ」が売り切れ中なので仮のハンドルで組んだのです。ケーブル類の(ほぼ)完全内蔵化は専用設計のAeroflyⅡでないと出来ないのです。
やはりエアロロードをお求めの皆さんはケーブル完全内蔵に拘るようです。先代のヴェンジViASは組み立てが非常に難しいバイクでした。モデルチェンジして「整備性良くなったかな?」と期待したのですが新型も組み立ては面倒臭いでした。しかしこれはどのメーカーのエアロロードも同じです。各社ともエアロロードのケーブル中通しは過激になりつつあります。TREK屋さんもGIANT屋さんも大変だよ… ヴェンジは「Di2&油圧ディスク専用設計」なので他社よりラクかもしれない…
ハンドルバーが入荷したらケーブルを隠してフォークコラムもスッパリ切ってカッコ良く完成させましょう! それまでしっかり乗り込んで、きっちりポジション出ししておいて下さい。

PageTop

下見 in 妙義

2018-11-08-1.jpg

2018-11-08-2.jpg

2018-11-08-3.jpg

2018-11-08-4.jpg
今週の定休日もMTBイベントの候補コースを下見してきました。群馬県南西部の中之岳林道~妙義荒船林道という2つの林道、約60kmの行程を走る… つもりだったのですが、今回も目論見どおりには行きませんでした。
昨日の朝は外環道が混んでいて起点の下仁田への到着が遅れ、スタートは10時過ぎ。たっぷり水を買っていざ林道へ。
まず中之岳林道。入口から3kmほど登るとダートが始まります。コンディションはマッド。あまり人は入ってこない模様。6km地点辺りに最初の崩落。ここから先が軽井沢の終点まで崩落・倒木・落石・雑草で廃道状態の劣悪コンディションでした。押し・担ぎ中心で乗車率も低い。廃道ハイキングと化してしまったがこれはこれで楽しい。そして景色がとても良い。紅葉も綺麗。沢が無いので給水は注意です。
…しかし全然先に進めない。全行程の半分も走ってないけど13時を過ぎてしまった。中之岳林道のピークで昼食タイム。この日はマルちゃん正麺に味玉とソーセージぶち混み。ソーセージって茹でても焼いても美味しいな~。
ようやく軽井沢に着いたのが14時半。この時間から妙義荒船林道に入るのは危険だ。というわけで軽井沢の別荘地をチョロチョロ走ってから舗装の県道で下仁田へ一気に下って帰りました。
たまには廃道ライドも楽しいけどお客様を連れて行くイベントにするのはちょっとね… というわけで昨日のルートもボツ! う~ん、今月のMTBイベント、どうしましょうね?

PageTop

女性用Powerサドル

2018-11-05.jpg
スペシャライズドの大人気のサドル「Power」シリーズに新しい仲間が追加です。今度のは女性専用設計のPowerサドルです。
サドル先端が大胆に切り落とされた短い全長と、ちょっと幅広めなのは通常のPowerと同じです。パッと見てすぐに気づくのは中央の穴が無い点です。女性専用Powerは身体が当たる部位ごとにパッドの材質と硬さを変えて、局部の圧迫を抑えているのが特徴だそうです。
…というのを店員はお客様に分かり易く伝えなければならないのですが、これはちょっと難しい… 男性のお客様にPowerサドルを説明するときは「先端が短いのでキン○マを圧迫しない、中央の大きな穴でウラスジを圧迫しない、これがすっごくラクなんですよ!」と実体験を踏まえてはっきりと分かり易く説明できます。しかしもしも綺麗な女性に「じて吉店長さん♡この女性用Powerサドルはどこが良いの♡」とか聞かれたら(そんなシチューエションは起きないと思うが)、わたくし「キョッ キョッ 局部の圧迫が~」としどろもどろになってしまうでしょう。
…そんな余計な心配は置いといて、とりあえず女性用「Power Mimic Expert」 一個入荷しました。是非どうぞ。

PageTop

ハイドレーションパック

2018-11-03-1.jpg

2018-11-03-2.jpg

2018-11-03-3.jpg
ハイドレーションパックを新調しました。写真上の右が新しいドイター、左が古いダカインです。
この古いダカイン、長い間お世話になりました。サラリーマン時代に会社の先輩から頂いたもので15年以上使いました。日帰りMTBトレッキングはいつもこれを背負って走りました。とても軽くて気に入ってます。欠点は容量が少ないことくらいですね。
お店をやってるので新しいハイドレーションなんか色々使えるのですが、このダカインに拘ったのは…愛着ですね! わたくし、自転車でもウェアでも用品でも長い間使っていると愛着が湧いてしまうのです。特に、辛い峠道を一緒に超えたり、悪天候の中を一緒に走ったり、道なき道に分け入ったりと、共に困難を超えたことのあるモノにはどんどん愛着が深まってしまうのです(写真中は昨年春の大菩薩峠)。皆さんはそんな道具、持ってませんか?
しかしさすがに15年も使うとシェルもネットもボロボロでファスナーの開閉も怪しくなってきました。そろそろ引退させてあげましょう。
新しく下ろしたハイドレーションはドイターの「グラビティ」。これも軽い! 容量はダカインよりもグッと増えて嬉しい。今週の定休日ライドで使いましたがフィット感良好でした(写真下)。現行品なのでもちろん販売も出来ます。\7,050です。ダカインのように愛着が深まるまでたくさん使ってあげようと思います。

PageTop