ペダルを漕げば想いのまま

自転車じて吉の店長じてきちの日記です

サージ

2018-04-21.jpg
カッコ良いミニベロでしょ! ternの「Serge」です。店頭展示しております。
「ターン」は折り畳み自転車ブランド「ダホン」から派生した、2011年創設のまだ新しいバイクブランドです。主力車種は20インチの折り畳み車で、見た目は「ダホン」のものに酷似していますが微妙に折り畳み方法などに違いがあります。
この「サージ」は折り畳まない小径車。ロードバイク用コンポを積んだ本格ミニベロです。特徴はこのアグレッシブなデザイン。アルミフレームはティアドロップ断面のエアロ形状。ホリゾンタルのトップチューブが攻撃的。ミニベロにありがちな極端に長いヘッドチューブでなく自然なダイヤモンド型のフレームですね。フロントフォークを工夫することでこのシルエットを実現しています。2サイズのフレームが用意されており、身長176cmくらいの方まで自然なポジションで乗れます。写真は私のサドル高725mmに合わせた状態。アルミポリッシュのカラーリングがクール。「サージ」って名前もカッコ良い!
乗ってみたいなぁ… どんな乗り味なんだろう… どのくらいスピード出るのかな… カスタムするならコンポのグレードUPだな… これでロードバイクをカモるのは楽しいだろうな… なんて想像を掻き立ててくれるミニベロです。\89,400で販売してます。是非どうぞ!

スポンサーサイト

PageTop

チェーン大量在庫

2018-04-20.jpg
既に多くのお客様が御存知のようですが、シマノの製品が5月から値上げされます。値上げ対象は一部の製品に限られ、値上げ率も一律でなく製品によってまちまちです。対象製品のほとんどが僅かな値上げで抑えられているようですが、なかには良く売れている製品なのに値上げ率が著しく高いものがありました。チェーンです。
主要グレードのチェーンの新価格を見て行きましょう。"Dura-Ace"グレードCN-HG901は\271値上げで\5,372に、"Ultegra"グレードCN-HG701は\835値上げで\4,477に、"105"グレードCN-601は\896値上げで\3,745に価格改定です(いずれも税込み定価)。
チェーンは頻繁に交換する消耗品なので、この値上げはサイクリストの皆さんには痛手ですね。お客様Iさんは値上げの報を聞いて"105"チェーンを5本まとめ買いして行きました。毎度ありがとうございます。ブルベを走るIさんは年間3回くらいチェーン交換するので、この5本のチェーンもすぐ使い果たしてしまうでしょう。
当店も値上げ前に買い溜めしておきました。今、お店の陳列棚には什器がグニャリとしなるくらいチェーンがぶら下がっています。5月を過ぎて、このたくさんの在庫チェーンが無くなったら値上げ価格です! 苦情はシマノに言ってください!

PageTop

ガイコツ仕様

2018-04-19-1.jpg

2018-04-19-2.jpg
お客様Sさんの「Scott/Addict」です。ヒルクライムの世界に急速にのめり込んで行き、登坂力をかなり高めているSさんです。
今回はヒルクライムのシーズンインに向けて、Pioneerパワーセンサー導入、チューブレスレディタイヤへの履き替え、バーテープ交換を行いました。
バイクのスペックUPや軽量化だけでなく、トレーニングも計画的に取り組んでいるSさん。Pioneerパワーセンサーを有効に使えることでしょう。
チューブレスレディタイヤはヴィットリア/コルサ スピードを履かせました。今回はエア漏れが止まるまで手こずりました。いちおうエア漏れは止まりましたが、またエアが抜けても気を落とさずシーラントと仲良くやってください。
ハンドル周りはバーテープを下ハンのみに巻き、STIレバーのラバーフードを剥ぎ取ったガイコツ仕様。既に極限まで肉抜きされている"Dura-Ace"のSTIレバーを更にシェイプアップ。涙ぐましい軽量化です。
写真の装備状態で実測6.4kg。「もっと軽くしたい」というSさんですがもう削るところないよ… 超軽量チューブラーにすれば5kg台に乗るかな… だけどこれで充分に軽いですよ! 今の調子でトレーニングを頑張ってください!

PageTop

DT-Swiss 240S

2018-04-17-1.jpg

2018-04-17-2.jpg
これもSL4世代のターマック。お客様Nさんの「Tarmac SL4 Sport」 2013年モデルです。今回、2度目のオーバーホールを済ませました。また暫くのあいだ快調に走れます。
コンポーネントのスペックは御購入いただいたときのままです。リア10速の5700系"105"コンポで頑張るNさんです。
ホイールだけはちょっと良いものに履き替えています。FFWDの「F2R」というホイール。白いハブと赤いスポークがNさんのターマックにマッチしていますね。白いハブはDT-Swissの240Sという製品で、このハブ、とても滑らかに回ります。当店で扱っているブランドの中ではGOKISOに次いで良く回るハブだと思います。最近はお客様に「手組みホイールのハブはどれが良い?」と聞かれたらDT-Swissのハブを推しています。FFWD・Rovalなど多くのホイールメーカーがDT-Swissのハブを採用していることも、その優れた性能を物語っています。メンテナンスも簡単で、フリーボディのスターラチェットに写真の赤いグリスを塗付するだけです。
Nさんのターマック、フルオーバーホールで各部をリフレッシュさせホイールもメンテナンスして、新車時の滑らかさを取り戻しました。また2年後のオーバーホール依頼をお待ちしております。

PageTop

SL4

2018-04-16.jpg
これもモノクロ塗装のターマック。2017年モデルの「Tarmac SL4 Elite」をお買い上げ頂きました。
オーナーはMさん。アルミバイク「Allez」からの乗り換えです。「アレー」から「ターマック」への乗り換えはスペシャライズド乗りの順当なステップアップ! 今まで多くの「Allez」オーナーが辿った道です。毎度ありがとうございます。
旧モデルの店頭在庫車なので特価20万円で販売させて頂きました。旧モデルと言えどもアルテグラのコンポを積んだターマックが20万円はお買い得でしょう! Mさんはペダルもアルテグラのものを付けました。
第4世代ターマックもまだまだ戦闘力充分です。最新型ターマックのカギ型デザインを嫌い「旧型デザインの方が好き」という方は未だに多くおられます。こちらの「SL4 Elite」は9rカーボンでレイアップされた、硬さと乗り心地のバランスがとれたフレーム。平地ステージにも登りステージにもオールラウンドに使えます。
「アレー」からの乗り換えならきっと満足して頂けるでしょう。2台の乗り味の違いをお楽しみください。

PageTop