ペダルを漕げば想いのまま

自転車じて吉の店長じてきちの日記です

今年の王滝

2017-11-20-1.jpg

2017-11-20-2.jpg

2017-11-20-3.jpg

2017-11-20-4.jpg
初の「11月開催」となった今回のSDA王滝。路面状況・天候・気温・コース変更など不安要素が満載でしたが「冬王滝なんてこれきりかもしれない」と思うと走りたくなり、お休みを頂いて行って参りました。今回の旅の相棒はお客様Nさんです。
SDA王滝は「ワンウェイ100kmのダートが走れるMTBレース」というのがウリのイベントですが、今回は山の上の気温と積雪状況を考慮して「18kmの周回コースを5周」というレースになってしまいました。残念… しかも「5時間以内に3周回らねば足切り」というキツい制限時間が課せられました。この時点で私の中では「完走タイム云々」ではなく「俺は何周走れるか?」がテーマになりました…
昨日の朝はスタート地点も氷点下8度、猛烈に寒い、まだ暗い、参加者少ない、スタートぎりぎりまで焚き火にあたる参加者達、6時スタート! う~寒い、登坂で早く暖まろう、だけど登坂は辛いよ、どんどん抜かれる、気にしない気にしない…
積雪区間は一寸だけだと思っていたのですが、18km周回の半分くらいは雪でした。怖かった。タイヤがグリップしない→エア圧 落とす→グリップしない→エア圧 落とす→グリップしない→転ぶ。私は降りて押してばかりでした。
2周目、小雪が降り出す。雪と泥が自転車を覆ってゆき、それが凍ってサスの動きが変になる。水が飲めない、ハイドレーションも凍った。路面の雪は踏み固められてツルツル滑る。しかし赤いゼッケンの別格ライダー達は凄いスピードで追い抜いてゆく。
結局、私は2周しか出来ませんでした。は~良かった終わった終わった! もうこりごりだよ! …だけどなんか楽しかった。それに清々しい気分だ。なのに何だかモヤモヤするぞ… よし!また来よう!王滝! この変な気持ち、走った人には解ってもらえると思います。

スポンサーサイト

PageTop

今週末はお休みです

2006-11-02.jpg
今日と明日の二日間、お店はお休みを頂きます。お許しください。
じて吉はSDA王滝に行って参ります。9月の「秋王滝」が台風のため延期となり、史上初の「冬王滝」となったこの大会。寒さがハンパなさそうですが怖いもの見たさで行って参ります。
どうやらコースが変更されるらしいですが、どんなコースになるのかは走ってみてのお楽しみです。
春と秋の王滝では見られない景色を楽しみながら、怪我しない程度に頑張って走ってきます。

PageTop

奥鬼怒スーパー林道

2017-11-17-1.jpg

2017-11-17-2.jpg

2017-11-17-3.jpg
「秘境」「廃道」「酷道」「冬季閉鎖」といったキーワードを聞くと脚がうずうずしてくるMTBerは私だけでは無いでしょう。水曜日に走った奥鬼怒スーパー林道はそんな道でした。辛くて怖くて危なくて、そして感動を与えてくれる林道です。
奥鬼怒の秘湯「加仁湯」と「八丁の湯」に行くには奥鬼怒スーパー林道を登らなければなりませんが、一般のクルマは侵入禁止です(温泉客はマイクロバスで登る。ハイカーと自転車は侵入可)。ダートは女夫淵駐車場から始まります。加仁湯温泉までのダートはマイクロバスに踏み固められて走りやすくグラベルロードでも楽勝です。しかし加仁湯温泉から先、奥鬼怒トンネルまでの登りと、トンネルを抜けてから片品に向かう下りは廃道のように荒れておりMTBタイヤが恋しくなりました。
ピークまであと2kmほどの辺りから路面を雪が覆い始めました。数日前に降った雪のようです。乗車を諦め、自転車を押しながら登坂しました。雪の上にいろんな獣の足跡が点々と残っています。そこにタイヤ痕とSPDシューズの足跡を付けながら登ると楽しくなります。
奥鬼怒トンネルは暗くて狭くて長い"肝試しトンネル"なのですが、辛いダートを登り切った嬉しさの方が勝って全然怖くありませんでした。「山の向こうは雪がありませんように」と願いながらトンネルを潜ったのですが、トンネルを抜けるとそこも雪国でした…
峠からの展望はイマイチで絶景は見れないけれど、"秘境"の雰囲気はたっぷりの奥鬼怒スーパー林道でした。

PageTop

秘境 日帰り輪行

2017-11-16-1.jpg

2017-11-16-2.jpg

2017-11-16-3.jpg
もう秋も終わりです。今年の秋は雨が降り続いて「大して走ってない、スッキリしない」という方も多いでしょう。じて吉も同じです。「48歳の秋が終わる前に、ガツンと一発キツめのルートで輪行ツーリングしたい!」
という訳で昨日の定休日は輪行してきました。テーマは「奥鬼怒スーパー林道走破」です。東武鉄道で栃木県の川治温泉まで行き、そこからスタートして鬼怒川沿いに西へ向かい、川俣村~加仁湯温泉~片品村を経由して群馬県の沼田まで走り、JRで帰ってきます。距離110km、獲得標高2200m、ピークは奥鬼怒スーパー林道でここは約25kmのダートです。チャレンジしがいのあるルートです。
始発列車で八千代中央を出発。9時に川治温泉着。良いお天気です。スタートしてすぐに登坂が始まります。輪行で遠くに行って初めての道を走るときは、期待・不安・喜び・後悔といった複雑な気持ちが沸き上がります。それも楽しい。じわじわと登りながら川俣村を過ぎ、12時頃に奥鬼怒スーパー林道に突入。「順調 順調」思っていたのですが、ここからのダートの登りがキツかった。登頂したのは14時半頃。「暗くなったら嫌だな」と焦りつつガレガレのダートを駆け下りる。このあたりから小雨がパラつく。片品村に降りたらコンビニでホッと一息。トラックが多いR120をビビりながら走り、17時頃に沼田着。駅前でトンカツ食べてビール飲んで高崎線で寝ながら帰ってきました。奥鬼怒スーパー林道については明日の日記で詳しく書きます。
あ~疲れた。走った。スッキリした。背中痛ぇ。あ…今週末はSDA王滝も走るんだ…

PageTop

振れ取り台 復活

2017-11-14-1.jpg

2017-11-14-2.jpg
今月4日の日記で「ParkToolの振れ取り台が壊れた」と書きましたが、直すのが面倒臭くて騙しだまし使っていたら、見かねたお客様Iさんが直してくれました。いつもすいません…
壊れていたのはホイール固定ハンドルです(写真上)。台に載せたホイールは両側から挟み込んでしっかり固定してから振れ取り作業するのですが、この固定ハンドルが割れてしまったのです。グッと力を込めてハンドルをひねるので長年使い込んで負担がかかっていたのでしょう。
「そんなの適当な大きさのハンドルを買ってきて捻じ込めば良いだろ」と思いますが、この振れ取り台、ボルトの太さとねじピッチが特殊で簡単には直せないのです。
Iさん、適合するナットと良さげなハンドルを買ってきて、私の振れ取り台に取り付けられるように旋盤で加工してくれました。これで今までどおりに振れ取り台を操作できます(写真下)。
Iさん、ありがとうございます。持つべきものは器用なお客様ですね! 「自転車屋なんだからそのくらい自分で直せ!」と言われてしまいそうですが…

PageTop